川崎には非常に頼りがいのある業者がいるから葬儀の時でも安心

SITEMAP

青空と墓地

川崎で葬儀を執り行うために必要となる日数

行燈

川崎で葬儀が必要になった際に、まず考えておかなければいけないことが日数です。火葬は、逝去から24時間経過していなければ行うことができません。逝去後にお通夜を行い、その後で告別式を執り行うという一般的なスタイルであれば、葬儀が終わるまでに最短で2日程度の期間が必要となります。ただ、逝去から2日以内に全てを終わらせなければいけないという訳ではなく、会場や火葬場の状況、参列者の事情などによって数日程度であれば日程を後にずらすなどの対応も可能なことが一般的です。そのため、参列者などのスケジュール調整が難しいと感じた場合は、川崎の葬儀業者と葬儀を執り行う日程についても話し合いをしてみると良いでしょう。
川崎の葬儀スタイルの中には、1日葬や直葬という形もあります。ただ、どちらの場合でも24時間以上経たないと火葬ができないという条件は変わらないため、火葬を行うには2日程度の期間は必要です。ただ、お通夜を行わない、告別式を行わないなどの選択をすることで、金銭的や体力的な負担を減らすことができます。どんな形を選んでも、2日程度の期間が必要となる葬儀ですが、業者と相談をすることで体力や金銭的な負担まで考えた、葬儀を執り行うことができるようになります。

Post List

TOP